並行輸入品とは?

並行輸入

海外商品を輸入する際、商品製造会社の子会社や、正規の契約を結んだ代理店が輸入・販売するのではなく、他の業者が輸入すること。
個人輸入代行も並行輸入に含まれます。
輸入ルートが二つ並行することから、並行輸入と呼ばれます。

一般的に、価格が正規代理店よりも安かったり(内外の価格差が大きい商品ほど、並行輸入による価格メリットが大きい場合があります。)
また国内未発売の商品が手に入ったりするといったメリットがあるが、返品や購入後のメンテナンスなど、アフターケアが不十分な場合がある。
日本においては、正規代理店が商標を専有して使用できるとして並行輸入業者に対して輸入の差し止めを行うことができたが、1971年からは合法となりました。
また正規代理店が並行輸入品をメンテナンス拒否など差別的に取り扱う場合、その態様、効果によっては独占禁止法上違法な行為となります。
本来は正規品(真正品)を正規代理店とは別のルートで輸入・販売することだが、近年は並行輸入と偽り偽造品を販売しようとするなど、問題が発生している。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。